美容整形を神戸で受けるならランキングを確認|病院選びのコツを紹介

健康保険証が使えない理由

女医

美容目的の治療

「きれいになる」ことが目的の美容整形ですが、医療行為になります。そのため、施術を行なうのは医師免許を持った人間ですし、クリニック内も医療機器がたくさんあります。しかし、他の医療機関とは異なる部分がいくつかあります。一つ目は、「美容目的」の治療なので「治癒目的」ではないことから健康保険が適用されません。人によっては、治癒を目的とした治療と同じように医療行為だから健康保険は使えるはずと思っている人もいますが、美容目的はあくまでも自己満足になってしまうので本来なら受ける必要がない治療になります。そのため、ケガや病気のためにある健康保険は使えないのです。

例外もある

先ほどは、美容目的で自己満足になるから健康保険は使えないと伝えました。しかし、例外もあります。それは、ほくろ除去などの施術で悪性のほくろだと判断されたら健康保険が使えることです。ほくろ除去は、美容整形のひとつになりますが、ほくろの種類によっては良性または悪性があります。良性のほくろ除去する場合は美容目的になりますが、悪性のほくろは除去しないとどんどん悪化してしまいますし、発がん性がある可能性もあるので、除去しなくてはいけないほくろになります。ですから、治癒目的として判断されて健康保険が使えるのです。他にも、ニキビ跡で症状が酷いと医師が判断した時は健康保険が使えます。ただ、医師によって判断基準が異なるので、過度な期待を持たずにクリニックへ行くことをおすすめします。

自由診療とは何?

美容整形は、自由診療になります。これは、それぞれのクリニックで施術の料金を決められます。美容クリニック以外では、歯科も自由診療扱いになります。しかし、歯科治療の場合は身体への影響があるので健康保険が使えます。ただ、歯列矯正やホワイトニング治療は美容目的になるので健康保険は使えません。
それぞれのクリニックで美容整形の施術の料金を決められるので、同じ施術であっても料金が異なることがあります。例えば、若返り効果のある施術のヒアルロン酸注入がAクリニックでは1万円だったのに、Bクリニックでは2万円だったということが起こるということです。ですが、自由診療といっても美容整形にも相場があるので、事前に相場を確認してからどこのクリニックで受けるか決めるといいでしょう。

ランキングで比較する

神戸で美容整形を受けるクリニックを探すのなら、ランキングを確認してみてください。ランキングには、神戸にあるクリニックの情報だけではなくそれぞれの施術の相場や流れ、ダウンタイムの症状などが紹介されています。また、最新の美容整形の情報もランキングで確認することができますし、神戸でもどこが最新の美容整形を行なっているのか知ることだってできます。どんどん発展している業界だからこそ、ランキングなどの情報源がとても大事なので、神戸でクリニックを探すのならぜひ確認してみてください。